福祉と環境 二大テーマ(大会情報)

2019年12月30日

福祉の取り組みの一つとして、有森裕子さんが代表理事を務めるNPO法人ハート・オブ・ゴールドへ参加費の一部を寄付しています。

ハート・オブ・ゴールドがサポートしている ニューチャイルドケアセンターや、障がいのある陸上選手の活動費にあてられています。

 

また、姉妹大会でもあるアンコールワット国際ハーフマラソンで優秀な成績をおさめた2名を有森賞としてかすみがうらマラソンに派遣しています。

カンボジアの選手はかすみがうらマラソンに行くことを1つの目標として頑張っているそうです。

 

皆さまからの参加料は、このような活動にも大切に使わせてもらっています。ありがとうございます。

 

今回かすみがうらマラソンからは、カンボジア障がい者陸上連盟の皆様にシューズケースとスポーツタオルを贈呈させていただきました。

皆様から感謝の言葉をいただき、アンコールワット国際ハーフマラソンでは早速着用して走っている方も多く見かけました。

本当にありがとうございます。